FC2ブログ

真鍋由伽子さんの個展






5月、真鍋由伽子さんの個展に行きました。
日本画で描かれた作品たちは、小さな大事なものを手放さないように、大事にするように話してくれました。
ガラステーブルにコーヒー豆が敷き詰めてあるテーブルでオムライスを食べて長居しました。

いちにちいちにち、ひとあしひとあし。

とま咲

松本裕子さんの個展






4月のことになるけれど、松本裕子さんの個展に行ってきたた。2000年前からあったという製法、パート・ド・ヴェールによるガラスの小箱たち。
小さなガラスの小箱には何も入っていないけれど、目に見えない宝物が入っていた。
一つ一つに長く深い物語があるそうだが、あえて無題にしているという話を聞いた。見る人が感じる物語を壊したくない、という話だった。

忘れていたのだが、この日のノートを見ると、私は絵に対して絶望のようなものを抱いていた。けれど、このガラスのように深遠な透明な気持ちで、感じたい、生きたい、やっぱり、描いていきたい、と思ったようだ。今もそう。

とま咲
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する